占い師に必要な資格とは

よく「占い師は特別な資格を持った人がなれる職業だ」と思っている人がいますが、それは大きな間違いです。占い師になるのにこれといった資格は必要ありません。自分は占いができるぞ、人を占って収入を得るぞ、と思って行動すればそれだけで立派な占い師です。ただし、占い師としての能力を評価する資格というのは存在します。これは医師免許や教員免許のように所持していないと仕事ができない資格ではなく、簿記や漢字検定のように持っていると役に立つ、自分はこの程度のことができますという証明代わりになる資格です。この資格を取ったからと言って占い師としての地位が保証されるわけではありません。もし時間に余裕があるならば取得を考えてみてもいいかもしれません。

資格にまつわる口コミ

占い師の資格にまつわる口コミをご紹介します。現役占い師からすると占い師の資格はどのように映っているのでしょうか。

占い師になる為の資格は?

占い師と呼ばれてる人は沢山います。占い師になるのは簡単なのです。資格などないので自分で占い師ですといえばいいのですが、本当に人を鑑定するには簡単な事ではありません。私も一時期タロットを使いこなし、副業として鑑定をしたいと思い習った時期がありました。タロットはカードの意味さえ覚えれば人を鑑定できると勘違いしていたのです。カードは出た位置によって意味が変わります。現在で悪いカードが出ても未来のカードが良いけど結果は悪いカードなど出方は色々でそれを自分でストーリーを作り出す事が必要になってくるのです。それには沢山実践を積んでいくしかないのです。それに素質も必要になってくるのではないでしょうか
占い師になるには資格がないので合格か不合格かはお客さんが決める事になるのです。点数はお客さんが満足出来る鑑定が出来るかどうかにかかっているのです。
≪鑑定歴3年≫

占い師になるためには必要な資格

占い師についてお話します。占い師にはこれといった資格がなくてもやっていけるのが、実情なのですが、やはり取っておいたほうが良いとされる資格はあります。
一つは、「セラピスト関係」の資格です。占いを必要とされる方の中には、カウンセリングを同時に必要とされる方も多くいらっしゃいます。そのため、取っておいたほうが良いとされる資格であると言われています。もう一つは、問題発見に役立つ「コーチング」の資格です。対話によって、相手の目標達成を図る技能で、これもあったほうが良いとされています。
占い師の学校へ行って、セオリーを習うのも、一つの方法です。ここを卒業すると、晴れて「どこの学校を卒業した占い師」と言うハクがつきますが、話術やお客様の悩みを受け入れるだけの心の強さは実地へ出てからのことなので、すぐにやっていくのは難しいようです。どちらにせよ、占い師となるにはその人を受け入れる心の強さが必要となってきます。
≪鑑定歴8年≫

2016年3月29日