占い師を支えるサポート体制

占い会社や店舗などに所属していると、所属先からさまざまなサポートを受けることができます。たとえば給与の管理だったり、クレーム処理といった業務のさまざまなことや、日常的に困っていること、将来のことなどさまざまなことに対応してくれます。もしどこかに所属して占い師として活動することを考えているのなら、サポート体制の整っているところを選ぶことをおすすめします。サポート体制の整っているところは占い師を大事にするところ、きっと良い環境下で仕事ができるでしょう。サポート体制については占い師の募集ページに書かれていたり、採用の際などに説明されるでしょう。自分にあった満足できる環境で働けるといいですね。

サポートにまつわる口コミ

占い師のサポート体制にまつわる口コミをご紹介します。占い師へのサポート体制について現役占い師の方のお話を紹介します。

困った時にも相談にのってくれるサポートがあります

私が働く占いのサイトでは、占い師として大変働きやすい充実したサポート体制が整っていると思っています。
働くうえで一番厄介な、困ったお客様に対する対応の仕方について、事例を踏まえながらその対処法を指導してくれる体制がある点が一番助かります。私はアプリでの占いをメインに担当しているのですが、相談者様の中には占い目的ではない方のように見受けられる方もいらっしゃり、定型の対応で話を終わらせることが難しい方もいらっしゃるのです。いまでは心象を害することなく対応できるようになったので、大変働きやすくなりました。
また、家庭に事情がある身なので、融通のきく勤務シフト体制が大変ありがたいです。極端に言えば都合のいい曜日や時間帯だけに働く事が出来るため、仕事優先での生活を余議されないところが助かっています。どうしても入らなければならない時間帯などは、家族の協力を得て対応しています。
≪鑑定歴6年≫

占いサイトの占い師のサポート体制とは?

インターネットに載っている占いサイトにて占い師をしています。電話占いとときどき占いアプリでのお仕事をさせてもらっています。
占いサイトの占い師になるにはサイト運営会社の占いの試験合格後になる事ができます。試験合格後には、サイト運営会社から契約書が送られてくるのでそれを記入して送り返し、書類到着後サイトに占い師としてデビューする事になります。
サイト運営会社のサポート体制はとてもしっかりしていて、個人情報の厳守、お給料や振込先の確認、それぞれの占いについての指導やアドバイスなどもしっかり受ける事ができます。苦手な分野に占いについてはコツも教えてもらえますし、依頼件数が減った際にはポイントを指摘してもらう事ができます。困ったクライアントやクレーム処理もしてくれるしっかりとしたサポート体制になっているので安心して占いの仕事をする事が出来ます。
≪鑑定歴8年≫

2016年3月29日

副業にぴったりな占い師

占い師は副業としてもぴったりな仕事です。なぜなら、他の職業と違って時間の都合がつけやすいからです。たとえば、日中9時間の仕事をして、夜7時に帰宅。それから夕食や家事などを済ませて夜10時から3時間占い師として働くということも可能ですし、出勤は10時だからその前に朝の7時から2時間だけ占い師の仕事をするということも可能です。反対に、占い師の仕事をメインにしている人が、他の仕事を副業にするということもあります。どちらにせよ、時間の都合がつけやすい占い師の仕事は働きやすい副業として注目されています。もちろん、副業とはいえ立派な占い師。それなりに実力がないと仕事をするのは難しいでしょう。

副業にまつわる口コミ

占い師の副業にまつわる口コミをご紹介します。占い師の副業について現役占い師のお話を紹介します。

副業で占い師をしています

若い頃から占いが大好きだったので、よく占いに通っていたのですが、ある日ある占い師さんから、あなたは占い師に向いているよと助言され、プロになることを目指しました。はじめは仕事が終わったあと、占いの学校に1年間通いました。そこでは基本的な四柱推命とタロットカードと手相を学びました。学校修了後、先輩のアシスタントとして雇ってもらい、2年後にアプリの占い師としてプロデビューしました。学校もアシスタントもプロデビュー後も、ずっと昼間の仕事は続けていて、占いはあくまでも副業で、夜間の2~3時間程度にしています。
私の周りの占い師もみんな、何かしらの副業を行っています。その程度がちょうど良いのだと思います。私の昼間の仕事は営業なので、人間関係をよく観察できる場所です。そのため、営業職で嫌なことがあっても占いの勉強だと思うようになり、さほどストレスと感じなくなりました。
≪鑑定歴2年≫

占い師を副業にしています!

鑑定歴15年になりますが、占い師1本でやっていく自信がなく、普段は会社勤めをしています。しかし、自分の占い能力には自信があり、ぜひ人様の悩みの相談に乗りたいと常々思っておりました。そこで、思い立ったのが副業としてやっていく方法です。
以前は、占い師といれば街角で店を構えたり、どこかの占いどころに所属するのは一般的でした。正直、準備のほか、肉体的にも負担が大きいものでした。しかし、ネットの普及により、電話やアプリで気楽に占いができるようになりました。お陰で、時間の制約なく、占いを副業にできるようになったのです。
私の場合、大体夜の9時から2時くらいまでアプリの占いでスタンバイで受け付けています。あとは週末は終日。副業としての収入も悪くないですし、何よりも毎回違う方からのお悩みを聞けることで、刺激をもらえてもいます。落ち込んでいる人が、最後に喜んでもらえると生きがいにもなります。将来的には、自分で独立できたらなと考えてもいます。
≪鑑定歴15年≫

占い師に必要な資格とは

よく「占い師は特別な資格を持った人がなれる職業だ」と思っている人がいますが、それは大きな間違いです。占い師になるのにこれといった資格は必要ありません。自分は占いができるぞ、人を占って収入を得るぞ、と思って行動すればそれだけで立派な占い師です。ただし、占い師としての能力を評価する資格というのは存在します。これは医師免許や教員免許のように所持していないと仕事ができない資格ではなく、簿記や漢字検定のように持っていると役に立つ、自分はこの程度のことができますという証明代わりになる資格です。この資格を取ったからと言って占い師としての地位が保証されるわけではありません。もし時間に余裕があるならば取得を考えてみてもいいかもしれません。

資格にまつわる口コミ

占い師の資格にまつわる口コミをご紹介します。現役占い師からすると占い師の資格はどのように映っているのでしょうか。

占い師になる為の資格は?

占い師と呼ばれてる人は沢山います。占い師になるのは簡単なのです。資格などないので自分で占い師ですといえばいいのですが、本当に人を鑑定するには簡単な事ではありません。私も一時期タロットを使いこなし、副業として鑑定をしたいと思い習った時期がありました。タロットはカードの意味さえ覚えれば人を鑑定できると勘違いしていたのです。カードは出た位置によって意味が変わります。現在で悪いカードが出ても未来のカードが良いけど結果は悪いカードなど出方は色々でそれを自分でストーリーを作り出す事が必要になってくるのです。それには沢山実践を積んでいくしかないのです。それに素質も必要になってくるのではないでしょうか
占い師になるには資格がないので合格か不合格かはお客さんが決める事になるのです。点数はお客さんが満足出来る鑑定が出来るかどうかにかかっているのです。
≪鑑定歴3年≫

占い師になるためには必要な資格

占い師についてお話します。占い師にはこれといった資格がなくてもやっていけるのが、実情なのですが、やはり取っておいたほうが良いとされる資格はあります。
一つは、「セラピスト関係」の資格です。占いを必要とされる方の中には、カウンセリングを同時に必要とされる方も多くいらっしゃいます。そのため、取っておいたほうが良いとされる資格であると言われています。もう一つは、問題発見に役立つ「コーチング」の資格です。対話によって、相手の目標達成を図る技能で、これもあったほうが良いとされています。
占い師の学校へ行って、セオリーを習うのも、一つの方法です。ここを卒業すると、晴れて「どこの学校を卒業した占い師」と言うハクがつきますが、話術やお客様の悩みを受け入れるだけの心の強さは実地へ出てからのことなので、すぐにやっていくのは難しいようです。どちらにせよ、占い師となるにはその人を受け入れる心の強さが必要となってきます。
≪鑑定歴8年≫

占い師の仕事の報酬

占い師ってどれくらい儲かるお仕事なのでしょうか。もちろん儲けることだけがすべてではありませんが、やはり収入面は気になるところ…。
占い師の報酬はその占いのシステムによって異なります。たとえば対面鑑定なら利用者が支払った代金の4割~6割ほどが占い師の収入になります。電話占いなら分給50円~80円で、利用者と通話した時間分が収入となります。ここから経験や実力、勤続年数などに応じて昇給していきます。中には1分800円という高額報酬を得ている占い師もいます。
どの仕事にも言えることですが、占い師の仕事をして儲けられるかどうかは、自身の能力と頑張り次第です。

報酬にまつわる口コミ

占い師の報酬にまつわる口コミをご紹介します。現役占い師視点から見た月々の報酬とはどのようなものなのでしょうか。

占い師の給与は実力次第!

占い師は固定給ではなく、能力によって支払われます。鑑定した数や分刻みで給与が計算されるシステムです。人気があり、たくさんの鑑定をすると、それだけ給与があがるというわけです。
年齢や経験などは一切給与には影響がなく、完全に実力主義の世界を、私は気に入っています。鑑定歴わずかでも、そこでトップの給与を得ることは不可能ではありません。ある意味、とてもやりがいのある職業でもあるでしょう。
しかし、人気がないと給与は支払われません。最低給料を保証されてないので、下手をすると収入ゼロになる日もあります。それだけに、営業力と誠実な鑑定を心がける必要があります。リピーターを多く獲得し、口コミでその人気が広がるようになれば、各地から鑑定依頼が入るようになります。私の目標は、全国から鑑定依頼を受けられるような、人気占い師になることです。
≪鑑定歴4年≫

占い師の給与はどれくらい?

占い師といえば道端で小さな卓を設けて、帰路につく会社員などを勧誘している姿を想像されると思います。その姿を想像して、収入はいくら位だと思いますか?正直それほどもらってないように思いますよね。しかし最近では一般的な「対面占い」の他に「電話占い」や「占いアプリ」での占いも行っているんです。なので昼間は一般的な「対面占い」をして夜間は「電話占い」や「占いアプリ」で収入を得る形をとっている人も少なくありません。
そして占い師は個人事業主のようなイメージを持たれがちですが、占い会社というところがあり、そこに所属して給与をもらう占い師も居ます。私自身もそういった占い会社に所属して働いて居ました。私の年収は250万円前後といったところでしたが、同じ従業員の中には400万円以上稼ぐ方も居ました。そして私の企業だけに限らず、占い業界は「実績」によって顧客が増えるので名前が売れ、占いだけでなく書籍出版やテレビ出演などもするようになると更に大きな収入を得ることが出来ます。
≪鑑定歴12年≫